投資脳強化

『上流思考・メタ思考』でシンプルに生きる

人類の知性の発展のためには、思想と言論の自由が必要である

哲学者・経済学者/ミル(イギリス)

スッキリと 自分の考え まとめたい

健康、お金、教育、仕事、結婚、老後・・・

人生においては、考えなければならないことが山ほどあります。

人生を左右するような選択には、プレッシャーも感じますし、エネルギーも使います。

こればかりは、人によって価値観も違いますので、AIに任せるわけにもいきません。

そんなことを考えながら瞑想を繰り返し「上流思考」と「メタ思考」に行き着きました。

 

あらゆることに対して自分の物差しを確立することで「楽に生きよう」とする試みです。

「そんな考え方もあるのね」といった程度で読んでもらえたら幸いです。

悩み事 上流思考で 減らしたい

「上流思考」とは、下流の問題を上流に遡って解決しようとすること。

ある分野の悩み事を上流で堰き止めてしまえば、下流にはその分野に関する悩み事が一切流れてこない。

脱炭素問題

例えば「自動車の脱炭素」について考えてみます。

Q.自動車産業は裾野が広く、エンジン車を作らないと失業者が溢れる。そもそも充電インフラも不足しているので、すぐにEV(電気自動車)へと舵を切れない。

A.「EV」と「エンジン車」では、部品数がそれぞれ約一万点と約三万点と言われているので、いずれコスト面でEVが有利になるのは明白。3Dプリンターによって、更に部品数も減らせるので早急に全車EVに移行すべき。

↑これが下流での思考とします。

人間は酸素無しでは数分しか生きられない。

散歩したいのは国道沿いではなく、比較的空気のキレイな公園や川沿いの遊歩道。

混雑すると分かっていても旅行に行くのは、本能的にキレイな空気を求めているから。

タバコの煙のように、車の排煙もいずれ文字通り煙たがれるようになる。

↑これが中流での思考とします。

そして、上流思考で命の本質について考えます。

車と電車では、どちらが死亡する確率が低い?

飲酒運転はもとより、高齢者の暴走、大型車の巻き込みなどで、命を落とす子供たちは後を絶たない。

自分にとって、本当に自動車は必要だろうか?

買い物には、車より自転車や徒歩で行った方が余計な物を買わずに済むし、健康にも良い。

コロナ禍で満員電車や通勤時間が無駄と気づいた人類はメタバースへと向かう。

業務以外は車に乗らない社会を目指せば、脱炭素とエネルギー問題が一気に解決する。

資源が無い日本こそ、自動車産業から再生可能エネルギー産業へと移行すべき。

脱炭素 誰も言わない 脱クルマ

上流において、自分が「車を所有しない」と決めるだけで、下流に現れる車に関する全ての問題(費用面・安全面)を自分の頭の中から消し去ることが出来ます。

メタ思考 ベタとオタをも 凌駕する

ベタとは、平凡

オタとは、偏重

メタとは、超越

宝くじ 買って自分の 夢を知る

僕は最近、宝くじを買いました。

宝くじについては、イカのような思考に分類されます。

ベタ思考

一獲千金を夢見て、当選が出た売り場に並んで買う。

また、当選確率が低いことは知っているが、自分が稼げる確率よりは高いと考えて買う(ある意味悲しい)。

オタ思考

宝くじの還元率は46.5%、当選確率は1000万分の1なので、国からの搾取と考える。

「買わない」自分は、合理的で頭が良いと考える(確率偏重)。

メタ思考

人間は 理屈だけでは 生きられない/行動経済学

例え、当選しなくても「当たったら何をしよう」と想像することで、自分の深層心理に隠された「夢」に気付ける可能性がある。

人間は、心にも栄養が必要。だから、宝くじを買うことには意味がある。

宝くじの収益金で作られる公園の遊具は、子供たちにとって必要だから社会貢献にもなる。

つまり、宝くじは「ウィンウィン」なシステムである。

メタ思考では、他人の自由を認め、自分の自由を追求します。

因みに、僕も宝くじが当たったらどうしようと色々と思索しました。

カイト
カイト
結局、株を買うことしか思い付きません(笑)

シンプルな 生き方だけを 目標に

今後、様々なテーマについて書き、スッキリしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。