優位性追求

【ダウと日経平均、上昇しやすい曜日・下落しやすい曜日は?】

週末に何か悪材料が出たら困るので、金曜日は手仕舞い売りが出やすい?

オクト
オクト
雇用統計も金曜日だし

その反動で、ポジションを取り直しのため、月曜日は上昇しやすい?

カイト
カイト
ただし、過去の暴落は月曜日多いよ

今回もしっかりとデータで判断しましょう。

04【ダウと日経平均、上昇しやすい曜日・下落しやすい曜日は?】

Plan(計画)

今回は日経平均先物の終値(15時15分)で検証します。

知りたい確率はイカの通りです。

Q1.ダウ、曜日別の騰落確率は?

Q2.日経平均、曜日別の騰落確率は?

検証期間について

過去一年のデータで検証します。

Do(検証実行)

検証期間:2020年6月2日~2021年6月4日

 検証結果.A1

ダウ
上昇確率
(%)
5259575856
総収支
($)
342315832700-19533230

検証結果.A2

日経平均
上昇確率
(%)
5360455343
総収支
(¥)
38404550-14501010-1010

Check(評価)

ダウについて

データで見ると、

ダウは全ての曜日で上昇確率が50%を上回っています

ただし、この一年間に関しては、木曜日に大きく下落する傾向があったことが分かります。

木曜日のアメリカと言えば「新規失業保険申請件数」の発表があり、また「雇用統計」発表の前日です(雇用統計の発表は金曜日の取引開始時間前)。

この一年間、新型コロナウィルスの影響で雇用指標の悪化が警戒され、木曜日に一旦売る傾向があったことが分かります。

日経平均について

日経平均は、水曜日と金曜日に下落する確率が高かったです。

金曜日の下落は、週末前ということも考えられますが、ダウが木曜日に下落する傾向があったことも影響していると思われます。

水曜日の下落に関しては、特に理由は思いつきません。

それでも、水曜日に下落する確率が高いということを知っているだけでもトレードを有利に出来そうです。

様々なデータ検証を行っていますが、

それぞれの優位性は少ないとしても、

色々と組み合わせて使うと勝率を高めることができます。

Act(改善)

改善案が思い付けば、ここに書いていきます。

定期的に、データは更新します。

オクト
オクト
次の検証は何?
カイト
カイト
↓コレ
日経平均【ギャップアップを埋める確率は? 埋めない時は翌日以降どうなる?】日経平均が前日のザラ場高値より、ギャップアップして始まった時、 「窓埋め狙いで売りッ!」 なんてトレードをしていませんか? ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。