優位性追求

【ダウは〇日続落後に買うと勝率?%】

誰でも簡単に実践できるトレード手法をご紹介します。

オクト
オクト
ホントに? 詐欺じゃないの?
カイト
カイト
【論より証拠】

あれこれ言わずにデータで示しましょう。

01【ダウは〇日続落後に買うと勝率?%】

↓ダウの月足です(過去十年分)。

質問です。

上のチャートを見て、トレードするとしたなら「買い」か「売り」かどちらを考えますか?

オクト
オクト
上がり過ぎているから売りっ!
カイト
カイト
・・・

まぁ、そういう方もおられるでしょう。

確かに、短期的には調整(下落)しても不思議ではありません。

下図を見て下さい。

世界の人口予測です。

宇宙から巨大隕石が地球に落下して、、、みたいなことが無い限り、人口動態は概ね予測通りとなります。

※中国が子供三人目を容認というニュースがありましたので、更に増えるかもしれません。

ベストセラー本『FACTFULNESS』によると、子供が死なないようになると少子化になるので、いずれ世界の人口増加は止まると書いてあったと記憶していますが、その頃には宇宙で暮らす人口が増える可能性もあります。

とにかく、人口が増えるということは、モノを買ったり、サービスを利用する人が増えるということです。

簡単に言うと、ハンバーガー(マクドナルド)を食べたり、パンテーン(P&G)で頭を洗ったり、スマホ(アップル)を買ったりする人が増えるわけです。

ということは、世界中で商売しているダウ銘柄(上記3社を含む)は右肩上がりとなるのは当たり前なのです。

 

再度、質問です。

下のチャートを見て、トレードするとしたなら「買い」か「売り」かどちらを考えますか?

オクト
オクト
買いだよ、買いっ!

NYダウに関しては、「買い」をベースにトレードすることを考えます。

資本主義の世界で勝ち組になるには、資本家(投資家)になることが絶対条件です。

カイト
カイト
【郷に入っては郷に従え】

 

Plan(計画)

トレードする際に、決めなければならないことはイカの3つです。

Q1.何をトレードするか?

Q2.いつ買うか?

Q3.いつ決済するか?

A1.今回はダウ(CFD)

※ダウは、GMOクリック証券のCFD取引口座で売買可能です。

A2.翌日に上がる確率が高い日の「終値」

A3.翌日「終値」

つまり、その日の「終値」で買って、翌日の「終値」で決済するということです。

因みに、ダウの「終値」は、日本時間の朝5時(サマータイム時は朝6時)です。

オクト
オクト
早っ!
カイト
カイト
【早起きは三文の徳】

 

いつ買うか?

質問です。

下の1~10の選択肢のうち、どれを選びますか?

※いずれもダウを当日の終値で買うことを想定しています。

1.ダウが1日下落して終わりそうな日(※前日は上昇)

2.ダウが2日続落して終わりそうな日

3.ダウが3日続落して終わりそうな日

4.ダウが4日続落して終わりそうな日

5.ダウが5日続落して終わりそうな日

もしくは、

6.ダウが1日上昇して終わりそうな日(※前日は下落)

7.ダウが2日続伸して終わりそうな日

8.ダウが3日続伸して終わりそうな日

9.ダウが4日続伸して終わりそうな日

10.ダウが5日続伸して終わりそうな日

オクト
オクト
株って「安く買って、高く売る」ものだから下がった日に買った方がいいんじゃない?
カイト
カイト
じゃあ、1~5のどれ?
オクト
オクト
大きく下がった方がいいから、5?
カイト
カイト
五日続落するってことは、結構な悪材料が出ているってこと。怖くて買えないんじゃない?
オクト
オクト
確かに・・・

株価が上がっていると焦って買いたくなる、下がっていると怖くて買えなくなる、そんなことありませんか?

感情(欲望・恐怖)に左右されないために、データを使います。

 

検証期間について

過去一年のデータで検証します。

古いデータは必要無いと考えます。

なぜなら、トレード手段ひとつ取っても「スマホが無い時代」「日本でダウがトレード出来ない時代」のデータは参考になりません。

まして、AIトレードが主流の現代において、日々トレード手法も進化し続けています。ですから、今回の検証結果についても毎月更新していく必要があります。

因みに、一年である理由は「季節要因」というものがあるからです。

Do(検証実行)

検証結果

検証期間:2020年7月24日~2021年7月23日

試行回数勝ち勝率(%)期待値($)
1日下落653960+41
2日続落261350-1
3日続落13862+40
4日続落5240-278
5日続落33100+372
1日上昇663756+35
2日続伸372362+56
3日続伸231148+46
4日続伸10440-11
5日続伸4250-17

Check(評価)

「ダウは、奇数下落日に買うのが良い」という傾向があります。

因みに「5日続落」は、直近1年で3回発生し、

勝率100%で、合計収支は+1116ドル※1となります。

(期待値※2+372ドル

※1 CFDでは、為替を考慮する必要はありません。100ドル=1万円です。

※2 期待値とは、全ての試行回数を行った時の平均収支です。期待値がプラスの場合は、やる価値のある(儲かる可能性が高い)トレード手法ということです。

考察

個人的にダウ銘柄は、毎月の積立投資を行っているので、今後は少なくともダウが下落している日(出来れば3日続落の日)に買いを入れようと思います。

 

Act(改善)

改善案が思い付けば、ここに書いていきます。

基本的に、毎月データは更新します。

カイト
カイト
約束はしませんが、、、
オクト
オクト
【継続は力なりっ!】
【日経平均は〇日続落後に買うと勝率?%】「守破離」「PDCA」などでも語られていますように、人が何かしら成長するためには、ステップを踏まなければなりません。 トレードにお...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。