トラブル

「iCloud アカウントの設定が最新ではありません」の対処法

ケース1●Windows標準のメールアプリを使っていて「iCloudアカウントの設定が最新ではありません」と表示されることがあります。

「アカウントの修正」を試みて、変更後のパスワードを入れてみるのですが、それでも上手くいきません。

これは、Apple(もしくはiCloud)のパスワードを変更した後に起こります。

ケース2●Windows標準のメールアプリに、新たにAppleのメールアドレス「×××@icloud.com」を追加しようとした時に、警告の「△」が出て利用できないケースもあります。

これは、Appleが、Windowsで使われることを良しとしていないために起こります(ホント?)。

それはともかく、問題無く使えるようにしましょう。

「iCloud アカウントの設定が最新ではありません」の対処法

「iCloud アカウントの設定が最新ではありません」の対処法

1.「Apple IDを管理」のページからログインします。

2.「セキュリティ」の欄にある「App用パスワード」[パスワードを生成…]をクリックします。

Apple IDを管理

 

3.「Apple以外から提供されるAppやサービスにサインインするには、App用パスワードを使用します。」と表示されますので、「パスワードのラベルを入力」の欄に適当な文字を入力し、[作成]をクリックします。

4.「App用パスワード:」の下に【✖✖✖✖-✖✖✖✖-✖✖✖✖-✖✖✖✖】とパスワードが表示されますので、これをサインインするAppのパスワードフィールドに入力します。

※Windowsメールなら、「アカウントの修正」もしくは「設定」→「アカウントの管理」から「パスワードの入力欄」に上記の「手順4」で表示された【✖✖✖✖-✖✖✖✖-✖✖✖✖-✖✖✖✖】を入力すれば完了です。

※要するにApple以外の製品を使う場合は、セキュリティ強化のために、ひと手間必要ですということです。

 

プロフィール座右の銘 『無為自然』 趣味 『瞑想』(妄想ではありませんw) 自己紹介 トレードとは...

 

サイトの目的 サイトの目的 『人生(哲学とお金)の教科書』 資産運用を自ら行う方法の解説 主な内容 人生を有意義に生き...