本の紹介

『FUCTFULNESS』アメリカの株価史上最高値更新について思うこと

ビル・ゲイツ(Microsoft創業者)、バラク・オバマ(元アメリカ大統領)が絶賛し、世界で100万部を突破した本。

読んだのは昨年ですが、ダウ・ナスダック・S&Pが直近で史上最高値を更新したことについて、少なからず関係があると考え、取り上げることにしました。

『FUCTFULNESS』

本の概要

10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

本のテーマ

人々が考えるよりも世界は良くなっている

感想

テレビのニュースは、注目を集める(視聴率を稼ぐ)ために、悪いニュースの方を多く取り上げます。

ですから、人々は何となく「世の中は悪い方に向かっている」と感じてしまいます。

そこで著者は、データを見せて「世界は良くなっている」と教えてくれます。

まさに【論より証拠】【目から鱗が落ちる】とはこのことです。

 

人は、知識得て、行動を変化させることで成長します

【知行合一】と言いますが、

僕はたくさんの人がこの本を読んで、

「世界は良くなっているんだ、じゃあ株を買おう」

となったのだと思います(僕もその一人)。

 

アメリカの主要株価指数が最高値を更新したことについて、

人類の一体感も感じたというお話です。

 

同時に、僕も「優位性」のあるトレードについて、データで示していきたいと強く感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。