トレード方針

23年12月11日(月)トレード方針

↑米十年債=実体経済は確実に悪化(抑制?)中。

「新年の新規資金流入期待(新NISA含む)」や「利下げ開始で株を買う連中がいる」という期待で株価は高値保ち合いです。

【期待で買って現実で売れ】ということですので、新たな(最後の)買い手に高値で売りつけるというのが儲ける秘訣です。

23年12月11日(月)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

駒陽線(雇用統計でもブレイクせず)

チャートパターン

孕み足レンジ継続中

移動平均線

20MAが下値支持線

トレード方針

横這いトレンドですので指数トレードは様子見です。

ダウの現物株はローテーション(リバランス)しています。

ナス-日足分析

ローソク足

長~い下ヒゲ陽線(強い)

チャートパターン

孕み足ブレイクアップ(目標値未達)

移動平均線

20MAが下値支持線

トレード方針

国債利回り上昇にもかかわらず強かったところを見ると、やはりAIに対する期待が強いのでしょう。

また年明けの決算発表でマネタイズ出来ている企業とそうでない企業は選別されるでしょうが・・・。

ドル建て日経-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線

チャートパターン

227~221ドルのレンジ

移動平均線

20MAが下値支持線(かろうじて割れず)

トレード方針

円建て日経平均は、メジャーSQ値である32640円を下回っています。

時足は三尊底を形成してるっぽいですし、為替も一旦円安に戻しそうです。

時足60MAが上値抵抗線として機能しそうですが、MSQ値を上回れば上昇、上回れなければ下落を想定します。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です