トレード方針

23年12月1日(金)トレード方針

↑参考までに。

23年12月1日(金)トレード方針

ドル/円-日足分析

ローソク足

駒陽線(147円は固い)

→戻りを試す展開へ

チャートパターン

149~147円のレンジ

移動平均線

下向き20MAが上値抵抗線

トレード方針

148円を割れないようですと149円まで戻る展開を想定します。

ダウ-日足分析

ローソク足

大陽線(36000ドルに到達)

チャートパターン

高値更新の上昇トレンド

移動平均線

+2σ(ノータッチ)

20MAが下値支持線

トレード方針

月足チャートを見ると「上げ三法」に見えます(強いってことです)。

ただ、36000ドルの大台節目に到達しましたので一旦調整すると見ます。

ナス-日足分析

ローソク足

長い下ヒゲ陰線(FRB理事のタカ派発言で?)

チャートパターン

16000ポイントの攻防

→保ち合いレンジをブレイクしたとは言えず

移動平均線

20MAが下値支持線

トレード方針

経済指標は景気減速を示唆しています。

今のところ、マーケットは「景気減速=金利低下」ということですが、いずれ「景気減速=企業業績悪化」が意識されるでしょうから調整局面は来ます。

また株高が続けば資産効果によってインフレが再燃する可能性もあります。

ソフトランディング期待が大勢となるなら警戒心を高める必要もあるということです。

ドル建て日経-日足分析

ローソク足

陽線

チャートパターン

227~225ドルのレンジ

移動平均線

20MAが下値支持線

トレード方針

新月、ISM、パウエル議長の発言待ち、ということで動かないとみています。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です