トレード方針

23年6月14日(水)トレード方針

最近は経済指標での景気判断が色々と面倒臭いです。

昨晩のCPIは前年比で低下したものの、コア前月比は横這い。

雇用統計も就業者数は増えたものの、失業率は悪化。

ISM非は低下したものの、サービス業PMIは上昇。

結局、ファンダメンタルズよりテクニカル重視の方が分かり易いということです。

ファンダメンタルズと株価が連動するなら「不景気の株高」みたいなことは起こらないので。

23年6月14日(水)トレード方針

ドル/円-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線(140円台定着?)

チャートパターン

上がりそう(それチャートパターン?w)

移動平均線

20MAが下値支持線

トレード方針

日銀総裁は置物ですので任期中は何もしません(給料泥棒という意味ではないです)。

ですから、円安継続です。

ダウ-日足分析

ローソク足

高値更新陽線

チャートパターン

前回高値超えの上昇トレンド

移動平均線

+2σ(バンドウォーク発生中)

→売ってはいけない

トレード方針

利上げ打ち止め期待でダウが6日続伸です。

ナスダックや日経平均は今から買いづらいですが、ダウや上海は買いやすいと言えます。

ナスダック-日足分析

ローソク足

15000超え陽線

チャートパターン

高値更新の上昇トレンド

移動平均線

+2σ(バンドウォーク発生中)

→売ってはいけない

トレード方針

AI相場で、今年の押し目は銀行が破綻した3月のみ。

年初大量仕込みのNVIDIAとMicrosoftは一株も売っていません。

日経-日足分析

ローソク足

33000円超え大陽線

チャートパターン

高値更新の上昇トレンド

移動平均線

+2σ(バンドウォーク発生中)

→売ってはいけない

トレード方針

メジャーSQ値32000の上で推移していますので今月も堅調に推移しそうです。

ナスダックも日経も今日は買える感じではないですが、とりあえずFOMCが利上げ見送り(ただし、会合後には「利上げ再開の可能性有り」とパウエル議長は念押し)の公算大ですので、堅調に推移しそうです。

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です