トレード方針

22年8月18日(木)トレード方針

原油+22(孕み足)
ドル/円+0.815
ダウ-91
日経+45(6日続伸)

小売売上高、FOMC議事録をすべて織り込んだとはみていませんが、ひとまず「ドル/円135円=ダウ34000=日経29000」を超えると、政策金利の上限が4.00に達していました(現状は3.75)。

22年8月18日(木)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陰線(34000の大台節目到達で一服感)

チャートパターン

孕み足(34174~33803)

移動平均線

+2σ(バンドウォーク解消)

トレード方針

昨日孕み足となった原油次第です。

原油が安値更新となれば、インフレ抑制→金利下落→株高といったイメージです。

日経-日足分析

ローソク足

長い上ヒゲ陽線(ヒゲ部分は、投げ”買い”?)

チャートパターン

週足W底目標値29188達成済(終値ベース)

移動平均線

+2σ(バンドウォーク発生中)

時足分析

チャートパターン

高値・安値共に切り上げの上昇トレンド

移動平均線

60MAが下値支持線(ただし、横向きになりつつある)

トレード方針

個人的には週足W底目標値達成でポジション解消済みです。

CFDの日足は6連騰ですが、まだ時足60MAを下回ったわけでもありませんから売れるチャートでもありません。

「ドル/円135円、日経29000円」を固めるのか、もみ合うのか、下回るのか、何かしらの優位性が見い出せるまで様子見です。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。