トレード方針

22年8月7日(日)NYダウ分析

ダウ+15

結果でモノを言う後付け解説なら誰でも出来ます。

それを有難がるのは自分の頭で考えられない人だけです。

相場で勝ちたいなら、自分で考え、自分で予測することです。

予測が外れても、自分で考えたのなら成長に繋がります。

もう「インフレ問題」は過去の話です。

雇用者数が増え、時給も上がっているのなら、米国人の購買力が上がっているということです。

ドル高で輸入製品は安く買えますし、海外旅行も安く行けるのですから、マインドも改善していくでしょう。

22年8月7日(日)ダウ分析

ダウ-週足分析

ローソク足

31000以下は下ヒゲ連発

チャートパターン

前回高値を超えれば底打ち濃厚

移動平均線

26MA~13MAのレンジ

ダウ-日足分析

ローソク足

下ヒゲ十字線(気迷い)

チャートパターン

孕み足ブレイクダウン失敗

→レンジ上限を目指す

移動平均線

120MA(半年移動平均線)に吸着

→年明けの展望が描けず?

トレード方針

正直なところ、6~7月に大量に買い込んでいますので現状は傍観です(デイトレも積極的ではなく、実際旅行中です)。

32000付近まで下がれば押し目買い狙い、33000を超えれば再度33000まで下落したところを押し目買い狙いです。

売りは考えていません。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。