トレード方針

22年07月14日(木)トレード方針

ダウ-242(3日続落) 日経+48

次回FOMCで1.0ポイントの利上げ予想が優勢になったことが重しになりました。

22年07月14日(木)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

上下ヒゲ陰線(CPI9%台はサプライズ)

チャートパターン

孕み足ブレイクダウン

→目標値30272

移動平均線

20MA割れ

→上向きのため再確認しにいくのがセオリー

トレンドライン

31293~30586のレンジ

ひとまず30678の上か下かに注目

トレード方針

1.0ポイントの利上げを織り込めば、今後は企業決算に注目が移ります。

60MAに接近していないので、マーケットは決算を悲観視していると考えられます。

金曜日の小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数で次の方向性を探ります。

日経-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線(下ヒゲ二連発)

チャートパターン

三角保ち合い

移動平均線

20MAが下値支持線

トレンドライン

26781~26188のレンジ

時足分析

上値抵抗トレンドライン下値支持トレンドライン

チャートパターン

26550の上で推移出来ればW底で上昇トレンド入り

移動平均線

60MA付近(下向きなので上値は重いか)

トレード方針

円安進行ですので、日経平均にとっては上昇要因です。

日足チャートでは20MA26419が下値支持となりそうです。

ただ、時足チャートでは安値更新後の60MAまでの戻しで売られやすくもありますので、朝方はどちらが優勢かで判断します。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。