トレード方針

22年07月13日(水)トレード方針

ダウ-221 日経-180

22年07月13日(水)トレード方針

消費者物価指数と原油価格

今晩発表の消費者物価指数も高い数字が出ると思いますが、足元は原油価格も下落していますので、大きく売られることはないとみています。

むしろ、ドルインデックスが20年ぶりの高値ですので、ドル高の影響で消費者物価指数が抑えられて予想より低い数字が・・・なんてこともあるかもしれません。

ダウ-日足分析

ローソク足

駒陰線(再び31000の攻防へ)

チャートパターン

孕み足ブレイクアップ失敗(31202~30737)

→下限を試す展開を想定

移動平均線

20MA(黄緑)が下値支持線

トレンドライン

31304~30597(上値抵抗のトレンドラインのガイドライン)

トレード方針

消費者物価指数がどのような数字が出ても、大きなトレンドが出るとはみていません(発表直後にブレるかもしれませんが)。

20MAを割らなければ、今後は決算に注目が集まりますので60MA(橙色)へ向かう展開を想定します。

日経-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陰線(底堅い)

チャートパターン

三角保ち合い

移動平均線

60MAと20MAのレンジ

トレンドライン

26785~26191のレンジ

時足分析

60MAトレンドライン

チャートパターン

26750~26250(以前のW底のネックライン)のレンジ

移動平均線

60MAが上値抵抗線

20MAが下値支持線

トレード方針

ザラ場は今晩の消費者物価指数を控え、ポジション調整で小動きの展開を想定します。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。