トレード方針

22年07月12日(火)トレード方針

ダウ-165 日経-203

下落理由は、水曜日発表のCPI(消費者物価指数)を織り込みにいったからです。

FRBはインフレを抑えるために、先の利上げも示しているわけですが、「7月も0.75ポイント利上げとなるなら、それまでに・・・」と動く人もいるわけですので、あまり先のことを言うのは逆効果かもしれません。

22年07月12日(火)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陰線(31000は維持)

チャートパターン

孕み足ブレイクアップ失敗

→レンジ下限を目指す

移動平均線

20MAが下値支持線

→CPIの予想を受けて再度試す?

トレンドライン

31316が上値抵抗線(参考程度)

トレード方針

31300~30700のもみ合いを想定します。

仮にCPIが前年比+9.0%となっても安値は更新しないとみています。

日経-日足分析

ローソク足

上ヒゲ陰線(27000の大台節目)

チャートパターン

ペナント型保ち合い

移動平均線

60MA割れ→再度20MAを試す

トレンドライン

26419が下値支持線

時足分析

日足60MA日足20MA

移動平均線

時足20MAが上値抵抗線になった模様

トレード方針

【昨日のおさらい】

昨日は「時足20MAか時足60MAでの押し目買い狙い」だったわけですが、先に27000の大台節目突破を失敗しています(初回挑戦での突破は低確率)。

そして、寄り付き直後の一番出来高の多いローソク足を下回って時足20MAまで下落しました。

こういう展開では、その後再上昇しずらい(出来高が減っていくため戻り待ち売りをこなせない)ので買いは見送ります。

オクト
オクト
朝の方針が全てではないと?
カイト
カイト
臨機応変にやるということです

今日は267**付近の戻り売り狙いです。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。