トレード方針

22年06月25日(土)ドル/円分析

ドル/円は、(資源有・人口増)と(資源無・人口減)の「国力相対評価」で変動します(長期的には必ず円安ドル高)。

短期的な変動は「金利差」と「貿易収支」で判断します。

「金利差」—7月FOMCで0.5~0.75pの利上げ確率83.82%

「貿易収支」—原油価格下落

金利差が拡大するかどうかはインフレ率次第であり、主な要因は原油高。つまり、どちらも現状は原油価格を注視します。

日本のコロナ鎖国が解消されれば行き過ぎた円安は是正されます。

観光に限らず、日本の安い土地・建物・会社などが外国人に買収されるためです。

22年06月25日(土)ドル/円分析

原油-日足分析

移動平均線

20MA(黄緑)を大きく下回っていますので、前月よりは「安い」ということです。

つまり、インフレ率は低下傾向であると言えます。

日経-日足分析

ローソク足

駒陽線

チャートパターン

孕み足(135.4~134.4)

トレンドライン

134.915の上か下かに注目

時足分析

チャートパターン

W底で上昇トレンド転換

移動平均線

下向き60MAが抵抗線

トレード方針

金曜日は原油価格上昇ですので、ドル/円も上昇トレンドです。

優先順位は、チャートパターン>移動平均線ですので買い狙いです。

時足20MA(黄緑)を支持線とします。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。