トレード方針

22年06月18日(土)ドル/円分析

ドル/円は、アメリカと日本の「国力の相対的評価」で変動します。

主な要因は「金利差」と「貿易収支」です。

「金利差」—次回FOMCで0.5~0.75ポイントの利上げ確率86.2%

「貿易収支」—原油が上昇トレンド

金利差が拡大するかどうかはインフレ率次第であり、主な要因は原油高。つまり、どちらも現状は原油価格を見ていればいいのです。

その原油価格ですが、金曜日は急落しましたが、まだ日足・週足共に押目の範疇です。月曜日以降に下落トレンド入り確定となれば、円高トレンドになるとみます。

22年06月18日(土)ドル/円分析

原油日足分析

ローソク足

大陰線

チャートパターン

上昇トレンド

移動平均線

「60MA」と「20MAの-2σ」まで下落

(20MAが抵抗線となったため-2σまで売られる)

一発目で割れることは稀な絶好の押し目買いポイント

ドル/円-日足分析

ローソク足

大陽線

チャートパターン

135.5~131.5のレンジ

移動平均線

特に無し

トレンドライン

134.784を割らなければ上昇トレンド?

トレード方針

日銀の金融政策は緩和(円安)であり、明確です。

個人は、その政策で恩恵を受けるように動くしかありません。

人口増・資源豊富のアメリカと人口減・資源無しの日本では勝負になりません。

アメリカが金融緩和政策、もしくは日本が金融政策正常化となれば、その期間は円高トレンドとなることもあるでしょうが、長期的には必ず円安方向へ向かいます。

ですから、米国株を買うのです。

オクト
オクト
米国株の話になってるよ
カイト
カイト
下の節目にくればドル買いってこと

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい(随時更新)。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~トレードで稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。