トレード方針

22年06月04日(土)ドル/円分析

ドル/円は「金利差」と「貿易収支」の両輪で動いています。

FRB理事たちのタカ派発言連発で(インフレ抑制が数字で表れるまでは)「金利差拡大」は継続、

原油は上昇トレンドなので「貿易収支悪化」継続が想定されるので「円安トレンド」となっています。

22年06月04日(土)ドル/円分析

週足分析

ローソク足

大陽線→上昇指向

チャートパターン

黒三兵と思いきや終値での高値更新→上昇トレンド継続

移動平均線

13週線が下値支持線

トレンドライン

130.880~127.239のレンジ(参考程度)

日経-日足分析

ローソク足

陽線

チャートパターン

131円の大台節目・前回高値131.347を超えるかに注目

移動平均線

+2σにタッチするかに注目

トレンドライン

(以前の上値抵抗線)129.501が下値支持線

トレード方針

米10年債利回りが3%を超えなさそうなので、現状では金利差拡大はそんなにはなさそうです。

金利差が拡大予想となるか縮小予想となるかは6.7月の0.5ポイントの利上げ後の状況次第でしょうから、しばらくは落ち着く値動きを想定します(来週はブラックアウト期間に入りますのでFRBの発言は意識しなくてよくなります)。

原油はまだ下落に転じる様子がありませんので、ドル/円も高止まりしそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。