トレード方針

22年05月21日(土)日経平均分析

日経+362(週+121)

ザラ場は「中国の金融緩和」発表で上昇、ナイトセッションは「アメリカに連れ安」と主体性が全くありません。

高度経済成長→アメリカと貿易摩擦→不動産バブル崩壊→少子高齢化→長期経済低迷。中国の未来は日本の通って来た道です。

日本は脱炭素、再エネに早く注力しましょう。自動車産業は衰退するのが目に見えています(自動運転で安いロボタクシーが普及すれば富裕層以外自家用車を買わなくなるため)。

22年05月21日(土)日経平均分析

日経-週足分析

ドル建て日経平均は高値から26.9%下落済み(円建てでは20.2%)。

ローソク足

13週線にピッタリ推移→乖離すれば収束方向へ乗ればOK?

チャートパターン

三角保ち合いブレイクダウン後、方向感無し

移動平均線

13週線は横向き→26週線の下落待ち

日経-日足分析

ローソク足

上ヒゲ陽線

チャートパターン

孕み足ブレイクアップ失敗→ブレイクダウン失敗→再度高値26869を目指す

移動平均線

20MA超え→再確認がセオリー

トレンドライン

27041~25395のレンジ

時足分析

トレンドライン27041日足20MA265**

チャートパターン

(朝10時の中国金融緩和発表で)三尊底形成→目標値達成済→ネックライン付近で下げ止まって再上昇中

移動平均線

60MAが下向きなので月曜日は再確認するかも

トレード方針

中国の日足チャートが「三尊底形成」vs「今年一度も超えていない60MA」の構図です。

中国要因で株価を下げていたナイキが昨晩1.49%高、スタバが2.05%高ですので、中国株が60MAを超えてくるようですと、日本株も連れ高となるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。