トレード方針

22年05月11日(水)トレード方針

ダウ-186 日経+47

EUが露産原油の禁輸でまとまらないためか、中国の景気悪化の影響か、原油が下落基調です。

そろそろ円安ドル高トレンドが終了するかもしれません。

22年05月11日(水)トレード方針

ドル/円-日足分析

ローソク足

上ヒゲ陰線の後、下ヒゲ陽線

→消費者物価指数待ち

チャートパターン

高値・安値共に切り上げの上昇トレンド

移動平均線

20MA(黄緑)が下値支持線

トレンドライン

130.619が下値支持線(10営業日維持)

→割って終わると翌日も売られる

トレード方針

3月末より持っていたドル買いポジションは全て解消しました(通貨のみ)。

更に円安が進んでも【頭と尻尾はくれてやれ】ということで納得します。

ダウ-日足分析

ローソク足

上ヒゲ陰線(時足60MAで戻りを売られる)

チャートパターン

連日で安値更新

移動平均線

-2σに沿って下落(バンドウォーク発生中)

トレンドライン

(上値抵抗線に平行に引いた)下値支持線31791

トレード方針

マーケットは「QT」を織り込み中です。

今晩の消費者物価指数が予想より良くても悪くても0.75ポイントが必要かどうかの議論になるだけです。

QT終了についての話にはならないと思いますので、大きな下落トレンドは変わらないとみています。

日経-日足分析

ローソク足

十字線→気迷い

チャートパターン

緩やかな下落トレンド

移動平均線

-2σ(バンドウォーク発生中)

トレンドライン

25647が下値支持線

時足分析

チャートパターン

ナイトセッションに窓埋め完了

移動平均線

60MAが上値抵抗線

トレード方針

円安ドル高トレンドが終了したら、底抜けするでしょう。

60MA付近での売り狙いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。