トレード方針

22年05月07日(土)原油分析

インフレが収まるまで「金融引締め(株価低迷)」は継続します。

インフレ要因は「1.原油高」「2.コロナによる供給不足」「3.ウクライナ侵攻による資源高」などがあります。

22年05月07日(土)原油分析

原油-週足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線→上昇指向

チャートパターン

三角保ち合いブレイクアップ→上昇トレンド

移動平均線

13週線(黄緑)が下値支持線となり上昇基調

トレンドライン

以前の上値抵抗線がずっと下値支持線として機能している

→1バレル100ドルイカはなさそう

原油-日足分析

ローソク足

孕み陽線

チャートパターン

W底完成

移動平均線

20MA+2σに沿って上昇(バンドウォーク)か

トレンドライン

右肩上がりのレンジ

トレード方針

サウジアラビアの財政収支を考えると、OPECの大幅増産はないでしょう。

そして、EUが年末までにロシア産原油を禁輸する方針ですので、当面需給は逼迫するでしょう。

となると、原油の下落要因は景気後退ですから注視していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。