トレード方針

22年05月06日(金)トレード方針

ダウ-966 日経

FOMCを通過し、決算発表がピークを越えましたので、トレードしやすくなってきたと思います。

22年05月06日(金)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

下ヒゲ大陰線

→水曜日はFOMCが想定よりも緩かったことと、FOMCが相場の転換点と考えていた層が重なって上昇。

昨日は、水曜日に様子見だった機関投資家が「QTの規模と時期」が明らかになったことで売ってきて下落。

チャートパターン

33000の攻防、上のレンジか下のレンジか

移動平均線

下向き60MAと20MAで売られる

トレンドライン

34084が上値抵抗線

32930が下値支持線

トレード方針

33000(大台節目)、32930(下値支持線)の上か下かに注目します。

日経-日足分析

ローソク足

大陰線→下落指向

チャートパターン

高値・安値共に切り下げの下落トレンド

移動平均線

(横向き)主要線を全て下回る

トレンドライン

27388~25742のレンジ

時足分析

移動平均線

60MA(橙色)付近でのもみ合いを想定

トレード方針

アメリカは金融引締めで下落ですが、日本は金融緩和(円安)なので底堅くなります。

日本はGW期間中ですので、今日も動かないかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。