トレード方針

22年05月02日(月)トレード方針

ダウ-773 日経-456

今週は傍観します(相場観を失いたくないのでチャートはチラチラ見ます)。

決算時期、GW、FOMC、月替わりの資金流入(ファンドが2日や6日に買うのかどうか不明)など不確定要素が多過ぎます。

短期売買は現物株の需給があってこそ予測精度が上がりますので、現物市場が休みの日は休んだ方が無難と考えています。

22年05月02日(月)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

大陰線

チャートパターン

34000~33000のレンジ

→FOMC通過後にレンジをブレイクするかどうかに注目

移動平均線

20MA(1ヶ月移動平均線)と60MA(3ヶ月移動平均線)がデッドクロスしそう

トレンドライン

33309が上値抵抗線

トレード方針

2月安値を下回れば、5月分の現物株(ダウ銘柄)を購入予定

日経-日足分析

ローソク足

上ヒゲ陰線

チャートパターン

高値・安値共に切り下げの下落トレンド

移動平均線

3本収束で株価も収束→明らかにポジション調整の値動き

トレンドライン

27515~25869のレンジ

フィボナッチ

高値28405→安値25966の61.8戻し27473で売られる

→安値25966を試しに行く展開を想定

時足分析

チャートパターン

三尊天井形成→下落トレンド入り

移動平均線

60MAはまだ上向きなので戻す可能性有り

トレード方針

月曜日は268**でもみ合うとみます。

日経平均(年初から下落トレンド)とドル/円(上昇トレンド)の相関は高くはないのですが、黒田総裁が「円安は日本経済にプラス」と言っているせいか、円安だと底堅くはなります。

アメリカの景気後退が鮮明になってくると、ドル売りによる円高となり、日本株の下落は酷いことになりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。