トレード方針

22年04月26日(火)トレード方針

ダウ+321 日経+112

昨日は原油が下落(中国都市封鎖による世界景気減速懸念)、

長期金利も下落(インフレ圧力低下)が連想されて株価上昇。

ただし、原油も長期金利も日付が変わってからは上昇基調。

要するにチャート通りに動いたということで、理由は後付け。

22年04月26日(火)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

長~い下ヒゲ陽線→目標値到達で切り返す

チャートパターン

ひとまずM天井ネックライン34163~M天井目標値33201のレンジ

移動平均線

-3σ割れは売られ過ぎ

→全体的に決算が良いということであれば、60MAまで戻してもいいはず

トレンドライン

(以前の下値支持線)34123が上値抵抗線

フィボナッチ

2月(今年)安値32166→先週高値35410の2/3押し33247で下げ止まり

昨晩は高値35410→安値33230の1/3戻し33957に到達

因みに1/2戻しが60MA、61.8戻しが20MA付近

トレード方針

どこまで戻るかを試し中。

M天井ネックライン341**より上は買わない。

日経-日足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線→上昇指向

チャートパターン

三角保ち合いブレイクダウン→下落トレンド入り

移動平均線

主要線をすべて下回る

トレンドライン

26908が上値抵抗線

時足分析

チャートパターン

W底完成→上昇トレンド入り、目標値26980

ただし、三尊天井ネックラインが268**なので目標値まで上昇するかは微妙

移動平均線

60MAが上値抵抗線

トレード方針

時足はW底を形成し、戻りを試す展開

27000に近い所は戻り売り狙いですが、60MA(移動平均線)よりチャートパターンの方が優先順位が高いので、売ったところで即下落とはならないとみます

昨日はドル/円が下値支持のトレンドラインを割っており、今日は円高に振れると見ていますので、これが意識されると下げるかもしれません

仕掛けるとすれば売り狙いです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。