トレード方針

22年04月13日(水)トレード方針

ダウ-51 日経-400

消費者物価指数の発表後上昇(悪材料出尽くし?)

その後、ブレイナード理事が「QTは5月決定6月開始」と発言し下落

しかし、チャートの節目(大台34000、トレンドライン)で下げ止まり

22年04月13日(水)トレード方針

ダウ-日足分析

ローソク足

長い上ヒゲ陰線

チャートパターン

高値・安値共に切り下げの下落トレンド

34000の下で推移しだすと三尊天井

移動平均線

20MAが抵抗線となり、60MAも超えられない状態

ただ、-2σが急速に収縮しているので下支えとなりそう

トレンドライン

水色(34076)は上値抵抗線のガイドライン

桃色実線(34052)は以前の上値抵抗線で五度下げ止まっている

トレード方針

本日以降「QT6月開始」を相場がどう織り込んでいくかが焦点

34000で下げ止まってレンジ相場に移行するか、

それとも34000を割り込んで二番底を試しに行く展開となるか

ひとまず金融機関の決算に注目します

※昨晩、4月分のダウ現物購入しました(決算発表後はあれこれ考えてしまいそうなので・・・)

日経-日足分析

ローソク足

ほぼ安値引け陰線→下落指向

チャートパターン

三尊天井からの下落トレンド発生中

移動平均線

60MAにタッチすら出来ず→決算を悲観している

トレンドライン

26341が下値支持線→注目

時足分析

チャートパターン

安値横並び、高値切り下げの三角保ち合いをブレイクダウン

ひとまず267**~262**のレンジを想定

移動平均線

20MAが上値抵抗線という弱い相場

トレード方針

日経平均CFDは6日続落

今日のところは、トレンドライン(26341)より下での売りは考えません。

-2σ(261**)より下があれば買いも検討します。

時足60MA付近があれば、当然売り狙いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。