トレード方針

22年01月23日(日)トレード方針

長期的には「円安ドル高」トレンドに変更は無いと見ています。

ただ日本人が米国株を売れば、ドルを売って円を買うことになるので、金融政策変更に伴う巻き戻しが起きているということでしょう。

円高になれば、輸出企業にはマイナスですが、物価上昇は落ち着きます。

22年01月23日(日)トレード方針

日足分析

ローソク足

三連続上ヒゲ陰線から昨日は安値引け

チャートパターン

前回安値113.478を割れば下落トレンド確定

移動平均線

20MAが上値抵抗線となり、昨年9月以来の60MA割れ

時足分析

トレード方針

ひとまず、114~113円のレンジを想定します。

FOMC通過後に出るトレンドに注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。