トレード方針

21年11月13日(土)ドル/円分析

パウエルFRB議長が「物価上昇は一時的」と言い続けていることから円高方向に振れていましたが、「消費者物価指数」の予想以上の上昇により、早期利上げ観測が再燃し円安に。

21年11月13日(土)ドル/円分析

日足分析

ローソク足

駒陰線→円安一服

チャートパターン

114.5~112.75のレンジ

移動平均線

20MAが下値支持線となるか?

トレード方針

当分、レンジ内の値動きが続きそう

来週は、ひとまず円高に振れて、火曜日の「小売売上高」が堅調なら、ドル高という展開を想定

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。