トレード方針

21年09月18日(土)ドル/円分析

来週はFOMCですので、ドル/円のトレード方針を書いてみます。

21年09月18日(土)ドル/円分析

ドル/円の大きなトレンドは日米の金融政策で生まれます

アメリカは「金融緩和→資産買い入れ縮小(テーパリング)→利上げ」という循環の中で「年内にもテーパリングが開始か」と言われています。

パウエルFRB議長は「テーパリング開始は、利上げ時期を示唆するものではない」という趣旨の発言をしましたが、いずれ利上げは開始されます(2022年末~23年初め?)。

日本は「利上げ」の気配すら感じません。

そもそも約1200兆円もの借金があるのですから、利上げなんてしようものなら、金利が上乗せされてデフォルトの恐れさえあります。

つまり、単純に考えても、今後は「日米の金利差」から円安ドル高トレンドになると予想されます。

最近は、タマゴの値段だって上昇しています。

物価は上昇するのに、給料は上がらないので、日本円だけ持っていても益々貧しくなるでしょう。

やはり、ドルを買うなり、米国株を買うなりしないと貧困からは抜け出せないと思います。

大きなトレンドは「円安ドル高」ですが、小さなトレンドは「経済指標」が生み出します。

直近では「消費者物価指数」で下落トレンド、「小売売上高」で上昇トレンドとなっています。

ですから、現在のドル/円のトレード方針は「為替に関する経済指標」が良ければ買って、その次の「経済指標」発表前に手仕舞いする。

これを繰り返すことが基本方針となります。

※あくまでも「ドル/円」の方針です。

日足分析

チャートパターン

「三角保ち合い」をブレイクダウンしたものの、元のレンジに復帰。

これは、ブレイクダウンが「ダマシ」ということなので、上に大きくブレイクアップする可能性有り。

移動平均線

やや下向きの60MAが上値抵抗線

トレンドライン

ピンクのトレンドラインが上値抵抗線

トレード方針

FOMCで「テーパリング時期が明言される」と三角保ち合いのブレイクアップが起こるかもしれません。

上にも書きましたが、長期的には「買い」持ちで、デイトレも「買い」メインです(スワップは多少意識します)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。