トレード方針

21年03月22日(月)トレード方針

ダウ-234.3 ナス+99.07

三月第四週の注目ポイントはイカの3つです。

「SLR(補完的レバレッジ比率)」の条件緩和措置3月末で打ち切り

→元々3月末までの予定であり、最近の長期金利上昇もこれを織り込みにいっていたとも言えるが、今後長期金利上昇が続くのか注視が必要。(因みに、この報道を受けて長期金利は上昇)

日銀、日経平均連動型ETFの購入を止め、Topix連動型ETFのみ購入

→購入は、大きく下がった時のみ(基準は不明)

東京五輪、海外観客受け入れず

→インバウンド需要消滅

※上記3つ材料をマーケットがどう判断するかです。

21年03月22日(月)トレード方針

日足分析

ローソク足

長い上ヒゲ陰線の後、長い下ヒゲ陰線

→前回もみ合いゾーンまで下落し、一旦は下げ止まり

チャートパターン

三角保ち合い

→ブレイクダウンし、M天井完成となると目標値は26280

移動平均線

25MA・10MA割れ

→月曜日は再確認がセオリー

トレンドライン

29760~29550~29237

→29550の上か下かに注目

時足分析

チャートパターン

長い下ヒゲ陰線後、孕み足ブレイクアップとなり上昇。

ただし、W底などと違い、上昇トレンド転換とまでは言えず。

移動平均線

売り有利

時足25MAが戻り売り狙いポイント

トレード方針

比較的想定しやすいのは、年6兆円の買い手がなくなったので「日経平均」は売られる、ということ。

特に値嵩株「ファストリ」「ソフバン」「東エレク」「KDDI」「ダイキン」「ファナック」「キャノン」。

デイトレーダーとしては「やりやすく(売りやすく)」なります。

月曜日の想定レンジは「29450~28930」

ひとまず29450付近は試しに来ると見ますので、その辺りでの売り狙いです。

ザラ場終了

移動平均線

売り有利

ナイトセッション方針

ザラ場だけで上記3材料を織り込んだと考えるのは尚早。

今日の下落で日銀がTopix型を買っているかどうか不明ですし。

また長期金利に関しては、「延長無し」が悪材料出尽くしとなって、今後下落するかもしれません。

今晩のアメリカを通過すれば、ある程度予測できるようになるかもしれません。

という訳で、ナイトセッションは様子見します。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~短期売買で稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 初めに「短期売買の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。