トレード方針

21年01月28日(木)トレード方針

ダウ-633.87(5日続落) ナス-355.47

総体的に売られているので「テクニカル的な調整」という感じ。

ダウは三尊天井完成、目標値29,8**、ナスは25MAまで下げる。

なので、アメリカは今晩は下げない可能性も有り。

21年01月28日(木)トレード方針

日足分析

ローソク足

大陰線

※昨日この欄で「トンボ」は相場の転換を示唆すると書きましたが「まさに」という感じ。

チャートパターン

288**~284**の保ち合いレンジを下にブレイク

※ひとまず284**~28000あたりのレンジに移行したと想定

28000を割れが確定するとM天井が完成するので27000まで下落する可能性有り。

移動平均線

久しぶりに10MA割れ

※「割れたて」は再確認がセオリーであり、昨日のザラ場とのギャップもあるので、寄り付きから買い勢力もいそう。ただし、284**では売られる。

トレンドライン

夜10時頃までに、27710を試しに行く可能性は無きにしも非ず。

時足分析

チャートパターン

ブレイクダウンなので、ほぼ間違いなく28000までは下落

※むしろ昨晩の内になぜ下がっていない?という感じ。

移動平均線

売り有利

トレード方針

284**~28000のレンジを想定。

売るのは284**付近の「戻り売り」狙い

買いは「押し目買い」、売りは「戻り売り」が基本。

先にレンジ下限28000付近を試しにくれば買いも検討。

ザラ場終了

チャートパターン

284**~28000ぐらいのレンジに移行

移動平均線

今表示させてみたら、10MAでキッチリ売られている

売り有利

ナイトセッション方針

朝は「なぜ昨晩の内に28000まで下げていない?」と書きましたが、朝から思ったより売りが出ました。

この値動きを見ると「素人さんが相当振らされている」ようです。

簡単に言うと「28000イカを売って、28300付近を買う」みたいな。

基本は「レンジ上限を売って、レンジ下限を買う」です。

当たり前といえば、当たり前ですが、慣れないと難しいのも事実。

今晩は、米GDPの発表があります。

予想は大分悪いですが、発表を受けてどう動くかに注目します。

 

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~短期売買で稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 初めに「短期売買の...