トレード方針

20年11月16日(月)トレード方針

ダウ+399.64 ナス+119.70

ダウは29500~28800のレンジに移行しています。

20年11月16日(月)トレード方針

週足分析

ローソク足

大陽線

チャートパターン

バブル後高値更新中

移動平均線

+2σ「24760」の上での始値は買えない→押し目待ち

トレンドライン

26760~25727

25727の上での推移となれば26760を目指す

※26760まで上がるのなら、株価が+2σの上も正当化される。

(+2σが上昇してローソク足にタッチするため)

日足分析

ローソク足

下ヒゲ陽線

チャートパターン

孕み足[25590~25210]を上にブレイク

※25590の上で推移出来るなら目標値は25970

移動平均線

+2σに絡んでいる内は強い

トレンドライン

25660の上か下かに注目

時足分析

チャートパターン

金曜ザラ場高値25460

※ひとまず窓埋めか?

移動平均線

全ての線の上で「買い有利」

トレード方針

日足は「孕み足上ブレイク」で上昇トレンド、

時足は「株価、全線の上」で上昇トレンド。

すなわち、押し目買い狙いです(売りは検討せず)。

週足は+2σの上でのスタートであり、時足は窓空けでのスタートということで、月曜日は25500付近までの下げはあると見ます。

ですから、デイトレは25500付近での押し目買い狙いとなります。

ただし、週足+2σから大分乖離していますので、今週は25000付近までの下落はあっても不思議ではありません(株価が急騰して27500以上となれば話は別で、物凄い好材料が出れば可能かも)。

月曜日がファンドの45日前ルールの期限日(?)なので、急落もあるかもしれません。

ただ、売り方が投げて寄り付きから上昇するかもしれません。

オクト
オクト
どないやねん
カイト
カイト
いつも通り、寄り付きから暫くは様子見です

Go To Eat終了が話題となっていますが、コロナ感染拡大の中で外食する人は明らかに減るでしょうから、景況感の悪化に繋がるかもしれません。

ザラ場終了

世界経済は絶好調ということで、26000まで上昇しました。

最後は明らかに売り方の投げでしょうw。

26000は大きな節目ですので、買い玉は引けで決済しました。

ナイトセッション方針

買い玉は決済しましたので、押し目待ちですが、「投げ買い」での上昇ですので、今後は下がりやすいと見ます。

ですから、しっかりとした押し目を待ちたいと思います。

↓「トレード手法」の詳しい解説はイカをご覧下さい。

【シンプル・トレード】~これが僕の稼ぎ方~短期売買で稼ぐための技術について解説します。 このルーティーンを繰り返し行えば勝率アップ間違いなしです。 初めに「短期売買の...