トレード方針

20年09月01日(火)トレード方針

ダウ-223.82 ナス+79.82

20年09月01日(火)トレード方針

月足分析

ローソク足

大陽線

23000までの戻り売りはこなした印象です。

チャートパターン

前々月孕み足レンジ高値23010を若干ブレイクして終了

移動平均線

10MA・25MAは横向きながら、株価は全ての線の上

トレンドライン

前月重要節目TL23061を若干超えて終了

しかし、終値23080は誤差(チャートによってはブレイクしていない?)範囲なので、今月は23032とします

ですから、23000の上で推移するなら23555を目指します。

23000の下で推移となると21680を目指します

週足重要節目

【23230】が大節目

レンジ下限は22700付近

日足分析

ローソク足

長い上ヒゲ陰線

チャートパターン

孕み足[23370~23010]

移動平均線

市場が10MAで売られたと判断するなら25MAを目指します

トレンドライン

~23045・23040~

※ここが本日の最重要節目です。

時足分析

時足から読み取れることは、材料錯綜による「混沌」です。

高値切り下げ、安値切り上げの「三角保ち合い」となっています。

朝の方針

日足が「孕み足」、時足も「三角保ち合い」ですから、方向感がありません。

23045が支持となり、23150の上で推移するなら「買い」、

23045が抵抗となり、23000の下で推移するとなると「売り」と見ます。

ザラ場終了

方向感無しです。

ナイトセッション方針

ザラ場レンジ(23210~23050)を抜ければトレンドが出ると見ます。