トレード方針

20年08月31日(月)トレード方針

ダウ+161.60 ナス+70.30

20年08月31日(月)トレード方針

月足重要節目

上値抵抗TL23061

下値支持TL22748

※23061を超えて終われるかどうかに注目

週足分析

ローソク足

十字線

チャートパターン

前週孕み足レンジ22230~22700を上ブレイク失敗→下ブレイク失敗→再度上ブレイク失敗→下へ?

移動平均線

10MA22620が支持線

トレンドライン

23136~22601のレンジ

日足分析

ローソク足

長い上下ヒゲ陰線

チャートパターン

孕み足ブレイク後の目標値23030達成←逆に抵抗に

移動平均線

下向き10MA23082と上向き25MA22808のレンジ

※10MA23082を目指し中

トレンドライン

23100~22993

フィボナッチ

高値23390→安値22560の61.8戻し23073

時足分析

ローソク足

月曜日は長い下ヒゲ陰線にほぼ間違いなく孕みそう

チャートパターン

保ち合いレンジ下限帯23100は超えないと見ます

移動平均線

25MA23000付近が最初の抵抗帯

超えても75MAは簡単には超えなさそう

朝の方針

時足チャートを見れば分かりますように、23061~22800は節目が無い状態で、現在は22800で下げ止まり、23061を目指しています。

ただ、ザラ場は23100以上はなさそうです。

アメリカが強いので、ザラ場で安いところを買って「連れ高」狙いですかね。

ザラ場終了

土曜日にチャート分析してから、バフェット氏の日本商社株購入、菅官房長官の総裁選出馬、というニュースの影響か、高く寄り付いて、そのまま上値を試す展開となりました。

ナイトセッション方針

注目は月足重要節目である23061です。

これの上か下かで来月の展開が変わってきます。

また今晩は、いよいよダウの銘柄入れ替えです。

3万ドル突破をのんびり待ちます。