トレード方針

20年08月21日(金)トレード方針

ダウ+46.85、ナス+118.49

20年08月21日(金)トレード方針

月足重要節目

上値抵抗TL23061

週足重要節目

雲上限22848

日足分析

ローソク足

長い下ヒゲ陰線(ほぼ十字線)

※ザラ場窓埋め完了で売り圧力消滅

チャートパターン

孕み足下ブレイク目標値22870達成

※ひとまず、23050~22870のレンジを想定

移動平均線

10MA22989が支持線

※初押しなのでサポート

トレンドライン

上値抵抗TL23030

※まずはこれに注目

フィボナッチ

安値22190→高値23340の38.2押し22901達成

※週足雲上限22848で反発したと考えるのが妥当ですが、同時に日足の押し目買いポイント到達

時足分析

チャートパターン

22980の上で推移するなら、W底形成で目標値23080

移動平均線

売りの状況ですが、判断基準はチャートパターン>移動平均線

朝の方針

週足雲上限が支持→日足10MAが支持となれば、

高値23340を目指す展開となっても不思議ではありません。

とりあえずザラ場は、

日足10MAの上で推移出来そうなら「買い」、

日足10MAの下で推移となるなら「売り」という感じです。

ただ、23000を超えたあたりは、売り方の戻り売りポイントでもありますし、金曜日でもあるので、上値は重そうです。

ザラ場終了

W底完成から目標値達成となった後、売られました。

ナイトセッション方針

昨日安値22830・週足雲上限22848を割るかどうかに注目します。

仮に割ったとしても22700付近は大節目ですので簡単に割れることはないと見ています。