本から学ぶ

10年後の仕事図鑑/堀江 貴文,落合 陽一

過去には事実がありますが、未来を確実に予測することは出来ません。

ですから、どのような未来が来ても対応できるようにしたいものです。

それは、投資家としてだけでなく、一人の人間としても。


10年後の仕事図鑑

仕事で成功している人たちの共通点/堀江貴文

1.作業にハマっている(没頭している)こと

好きではないものを「頑張る」という意味ではない。

必要なのは、自分の感覚を信じて、自分で方法を考えることである。

自分で作ったルールやプランだったら納得して取り組むことができる。

カイト
カイト
好きこそものの上手なれ

2.油断しないこと

イチローは、「僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです」と言っていた。

イチローは“誰でもできる”ことを、“誰にもできないほど”の量の練習をこなした。

小学校の卒業文集で既に「365日中360日は激しい練習をしています」と言えるほどに。

カイト
カイト
継続は力なり

「知名度」は分かりやすい信用(価値)になる/落合陽一

何か自分が突出してできる「能力」や「スキル」は価値に変換できる。

更に「未来を予測するためのリサーチ=研究」も価値がある。

一見すると、金銭価値に直接変換できないような物事がこれからは「経済活動」になっていく。

カイト
カイト
先んずれば人を制す

未来への質問に対する全ての答えは「知らない」だ/堀江貴文

問うべき対象は未来ではなく「自分」だ。

今この瞬間、どんな生き方が出来たら幸せなのかを真剣に考え抜けばいい。

自分の感覚を信じ、それに従って下した判断を誰のせいにもせず生きる。

そして、価値の揺らぎを恐れない。

むしろ変化するのは正常だ。

毎日、瞬間ごとに自分の判断を更新していくべきなのだ。

その覚悟があれば、未来予測などしなくていい。

とにかく「今」の自分を信じればいいのである。

カイト
カイト
我が道を行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。